リセッション時の取引

リーマンショック時の様なリセッション(景気後退期)の取引では、
外国通貨を売って安全通貨である円を買えば良いのです。

現在は景気向上期なので
円を売って外国通貨を買えば
たいていは勝てる取引になるのですが、

リセッション時の取引はショートポジションが優勢になり、
円が急騰して外国通貨が急落するという相場展開になりやすいですので、
ショートポジションを持っているだけで
大きな利益を得やすいという特徴があります。

景気判断のニュースで
リセッションという言葉が使われるようになり
でしたらすぐにショートポジションで勝負をしていきましょう。

景気後退期ということは、
負のスパイラルにも陥りやすいです。

世界同時株安、円高の2つの動きが
同時に起きることになりますので、
リセッション入りした際は、
どこで終わるのかというのが見極めるのが難しくなります

。経済指標が好転しているというのが連発する様になれば、
リセッションの終了時期かもしれないですね。