ロスカットは、避けなければなりません

FXをやっていて最悪の事態はロスカットです。

ロスカットというのは、FX会社の判断で今預かっている通貨のレートが下がってしまって、証拠金だけではまかないきれないので、強制的にトレードを中止させられることです。こうなってしまうと、証拠金は無くなり、制度上借金も出来てしまうので最悪です。これは、特に私のようなリスクラバーが最も気を付けなければいけないことです。

もしロスカットをしてしまったら、借金の返済を迫られますし、もしそれでもまた新しくトレードをしたいのであれば、新しく資金を用意しなければならないのです。

FXをやっていく上では、何かしらの要因で通貨レートが予想に反する動きをして、ロスカットが起きる可能性は絶対に排除できないのです。

だから、ロスカットには細心の注意を払いたいものです。ただ、ロスカットを恐れて損切りしたらその後に回復して儲けるチャンスを逃すということもたびたび起こるのが株やFXの世界です。

こればかりは運の要素もあるので何とも言えませんが、勉強と経験、そして自分の過去のトレードを振り返って地道に軌道修正していくことがFXで勝つコツなんだと思います。